Home > ヤングアメリカンズ

ヤングアメリカンズジャパンツアー in HOSEN

学生50人、地域の子ども150人、
児童福祉施設の子ども50人の総勢250名と、
ヤングアメリカンズ40人がわずか3日間の体験で
本場のミュージカルショーを作る地域参加型体験プログラム。

ヤングアメリカンズとは

アメリカのNPO団体ヤングアメリカンズが教育活動として学校や福祉施設を訪れ、子どもや学生たちと一緒にわずか3日間で歌やダンスのショーを作り上げるイベント。地域の子どもたち、附属の児童養護施設の子どもたち、そして在学生の総勢250名がヤングアメリカンズと共演し、共に学び、お互いに尊重し、自分の可能性を発掘していく、貴重な体験イベントです。

YAに参加した学生の声

石川 ゆうか さん

児童福祉科 Ⅱ類[2年]
京都府立北嵯峨高等学校 出身

一人ひとりの可能性を引き出すプロになろう!と決意できた3日間

大津 桃子YA

高校3年生の時、留学するか保育士を目指して進学するか悩んでいました。留学した先でも保育に関われないだろうかと考えていた時にYAの存在を知り、HOSENのオープンキャンパスに参加。舞台を見た瞬間、「このステージに立ちたい!」と思ったことがきっかけで、HOSENに入学しました!YAに参加した3日間は、人との壁を感じずにコミュニケーションを取ることができて、他の学科・コースの人や児童養護施設の子どもたち、YAメンバー皆と仲良くなれました!それもみんなYAメンバーの配慮のおかげだと思います。練習中、あるYAが被りものをして舞台に出てきた時、みんな楽しんで見ていたのですが、ビックリした1人の子が泣いてしまったんです。すると、何人かのYAがすっと出てきて壁になり、ビックリした子にはそのYAの姿が見えないようにしたんです。そのチームワークと配慮に感動!舞台でも誰もがセンターに立てるようにしてくれて、気がついたら、私もYAに手をひかれて、前に出ていました!こんなふうに、子どもに関わることのできる保育士になりたい!と強く感じた3日間でした。

2017年ヤングアメリカンズの様子

このページのTOPへ