大阪保育福祉専門学校 [HOSEN]

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

何年たっても保育士。
保育士は、
一生続けられる仕事です。

「子どもが、好き!」けれど、大人はみんな、「子どもが好きだけでは、保育士は務まらない」と返してくる。でも、「好き」って大事なことだと思う。「好き」から夢が広がり、未来の楽しい私が見えてくる。やっぱり私は「好き」を大切にしたい。

考え方や技術が
磨けたのは
実習のおかげです。

荻原 可菜さん 保育士

荻原 可菜さん

小鳩乳児院 勤務
2015年児童福祉科
(虐待・養護専攻)(現:こども福祉コース)卒業

様々な事情で親と暮らせない子どもたち。乳児院では一緒に遊びながら、授乳や排泄、食事などの介助を行っています。たくさんの業務を覚えることに精一杯で、焦っていた新米時代。そんな中、一つずつクリアしていけたのは、いろいろな施設での実習で、考え方や技術を磨くことができた学生時代の経験があったからこそ。日々の勉強ではキツイと感じることがあるかもしれないけど、頑張って。HOSENで学ぶことに、ひとつとしてムダになることはないですから。


学生時代の経験が、
大いに役立っています。

野﨑 真由香さん 児童
養護施設
スタッフ

野﨑 真由香さん

児童養護施設 遙学園 勤務
2016年児童福祉科
(虐待・養護専攻)(現:こども福祉コース)卒業

HOSENのオープンキャンパスで児童養護施設の存在を知り、「私の働く場はここだ」と直感。複数の施設で実習を重ね、1年の終わり頃から現職場でアルバイトを始めるなど、学生時代に積み上げた経験は今、大いに役立っています。児童養護施設には療育手帳を持っている子も多く、知的・発達障がいに関する知識が必要な場面も多々。現場に出てからあらゆる対応ができるようになるためにも、学生の頃からジャンル問わず、幅広い視野を持って勉強に臨んでくださいね。


保育に取り組む姿勢は
学生時代に培いました!

柴田 優奈さん 保育士

柴田 優奈さん

岩屋こども園アカンパニ 勤務
2017年保育科
幼児教育コース(現:こども保育コース)卒業

私が働くこども園は、豊かな自然に囲まれた環境&自由な雰囲気が自慢。子どもも大人も笑顔がいっぱいです! 「1日1日を大事に、子どもたちとの時間を丁寧に過ごす」ことを日々心がけていますが、実は、そんな姿勢はHOSENで培ったもの。


現場で通用する学びが
HOSENにはたくさん!

小西 舞さん 幼稚園
教諭

小西 舞さん

みなと幼稚園 勤務
2015年保育科
幼児教育コース(現:こども保育コース)卒業

モットーは「遊びも生活も、子どもたちより楽しむ」。私が思いっきり楽しむ姿を見ればきっと、園児も意欲的に参加してくれる!そう思って日々、保育に取り組んでいます。実は、就職していきなり4歳児クラスの担任に。右も左も分からず正直大変で、たくさん失敗もしたけど、HOSENでは本当に社会で通用することが数多く学べたんだなと実感する場面も多々。特に先生の手厚い指導を受けながらスキルを身につけたレポート&実習記録書きの経験は、とても役立っていますね。


子どもの接し方や
子どもの心理を知った上で、
障がい者(児)に
スポーツを伝えたい。

山﨑 実佳さん 障がい者
スポーツ
指導員

山﨑 実佳さん

公益財団法人フィットネス21事業団
大阪府立障がい者交流促進センター勤務
2014年児童福祉科Ⅱ類
障害専攻
(現:こども福祉コース)卒業

大阪府のスポーツ施設内で、障がい者(児)にスポーツ指導を行っています。
単にスポーツ指導をするのではなく、子どもへの接し方を学んだ強みを活かしたスポーツ指導を心がけています。保育士・幼稚園教諭の資格のために学んだ知識を有するスポーツ指導員は現場では珍しい存在のようです。これからは、障がい者(児)にスポーツの紹介や理解を深める活動も行っていきたいと思っています。


大阪保育福祉専門学校 [HOSEN]

〒618-0001
大阪府三島郡島本町山崎5-3-10
フリーダイヤル 0120-919-294
Tel. 075-962-1115

Copyright © OSAKA HOSEN. All Rights Reserved.