Home > HOSENのこと > 大阪保専のシンボルマーク

HOSENのこと

HOSENのシンボルマークSymbol Mark

大阪保専のシンボルマーク

コンセプト

「子ども」「笑顔」をキーワードに、ひとめで保育の専門学校とわかるようにデザインしました。

第一印象で目に飛び込むスマイルマークは「子どもの笑顔を引き出せる保育士」に、そしてどんな時も「笑顔で接する保育士」を目指す学生と、「笑顔で一人ひとりの学生を温かく見守る」という学校の姿勢を表現しています。

ふたつの楕円は「子どもと向き合う保育士」「学生と向き合う教員」をイメージし、黄色のヨコ棒で、子どもと保育士、学生と教員が触れあっていること、両者の間に温かなつながりがあることをあらわしています。

大阪保専の「O」と「H」の頭文字がつくカタチにもなっています。

カラーコンセプト

「緑」は緑に囲まれた環境、「オレンジ」は太陽のように明るく元気、エネルギッシュなイメージ「黄」は自分の夢、未来に向かって輝いている色をイメージしています。

「オレンジ」「緑」「イエロー」の組み合わせにより、明るく活力のある印象を持たせています

このページのTOPへ